セラミド

セラミドで潤い肌の森

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドの違いとどれが肌には必要?

読了までの目安時間:約 3分

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドの違いとどれが肌には必要?

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドはお肌に良いと言うのは知ってる方も多いと思いますが、それぞれの違いなどは分からなかったりしますよね。

詳しく1つ1つご紹介していきますね。

では、まずはコラーゲンですが、タンパク質の1種で、身体を構成する重要な役割をします。

人間の身体の中の水分は約60%で、タンパク質が約20%、脂肪が約15%で残りがカルシウムなどの無機質で構成されています。

その中のタンパク質の約30%はコラーゲンが占めています。

コラーゲンは身体の中の皮膚に約40%、10~20%が骨や軟骨に存在しています。

また、その他にも内臓や血管にも存在し、身体の基盤となっています。

コラーゲンの役割は細胞同士を結び付け、支え、外との境界線を作ります。

コラーゲンを摂ると肌の水分量の増加と肌の弾力性が向上し、うるおいとハリのある肌状態が得られます。

では、次にヒアルロン酸ですが、細胞同士を結び付けたり、高い保水力でハリのあるみずみずしい肌を維持できます。

ヒアルロン酸は1gで約6リットルもの水を貯え、コラーゲンの周囲を包むようにあります。

また、ヒアルロン酸はお肌だけだなく、卵巣の働きを助け、生理痛を改善する効果があります。

女性ホルモンの分泌を正常にするので更年期障害を改善してくれます。

さらに、関節痛を改善してくれます。

関節の中には沢山のヒアルロン酸を含んでいる関節液があり、関節の動きをスムーズにします。

関節液があるので膝を曲げたり、走ったりできるのです。

ですから、リウマチや関節炎がある方にはヒアルロン酸を直接注入すると関節が滑らかになって動くようになり、痛みもなくなるのです。

最後にセラミドですが、肌の角質層で細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱え込んでいます。

これを細胞間脂質と言います。

肌や髪の毛に潤いを与え、もともと体内にある成分なのです。

また、生体を維持する為にバリア機能を助ける働きをします。

アトピー性皮膚炎の方や乾燥肌の方はセラミドが足りていないと確認されているので、セラミドを補うと良いでしょう。

また、美白、シミ、しわ、肌荒れ予防にも良いとされています。
どれが一番肌に良いかですが、どれもお肌に欠かせない成分ですので、1つでも足りなくなっても困ります。

それぞれの目的に合わせてサプリメントなどを摂るのも良いかと思います。

特に、アトピー性皮膚炎などで悩んでいる方はセラミドを重視し、関節炎などで悩んでいる方はヒアルロン酸、お肌にハリや弾力が欲しく若返りたい方はコラーゲンを重視しましょう。

r

 

タグ :  

セラミドの効果

この記事に関連する記事一覧