セラミド

セラミドで潤い肌の森

セラミドで保湿!が美白にも良いのは本当?

読了までの目安時間:約 4分

セラミドで保湿!が美白にも良いのは本当?

あなたは、どんな肌に憧れていますか?

いつの時代の女性も「陶器のような白い肌」に憧れる方が多くいます。

透明感のある白い肌、素敵ですよね。

透明感のある白い肌は、女性を最大に美しく、魅力的に見せてくれるものですね。

そんな憧れの肌になるためにできることはあるのでしょうか?

美白を目指すためには、紫外線対策・保湿・運動・睡眠・食事などが大切です。

保湿・食事では、お肌の表皮を整え、潤いを保つためにセラミドが有効です。

セラミドは、直接的美白効果があるわけではありませんが、美白ケアやアンチエイジングケアなどに有効と言われていますし、肌本来の潤いを保ち、肌状態を土台の部分から底上げしてくれます。

セラミドという言葉、よく聞くと思いますが、外部刺激から肌を守るバリア機能のために必須の成分です。

肌の潤い成分の3因子の1つです。

セラミドには、水分や油分を抱え込む働きがあり、肌を潤いのあるみずみずしい状態に保ってくれます。

セラミドが角質層の潤いを保つことで、紫外線やアレルゲンなど外部刺激から肌を守るバリアのような役割も担い、肌荒れしにくい状態へと導いいてくれます。

ところで、美白と保湿にはどのような関係があるのでしょう。

肌は保湿を行うことにより肌のキメが整います。

肌は保湿されることで健康な状態になり、ターンオーバー(肌再生力)がスムーズに行われるようになります。

このことから、メラニンの合成を抑え、シワやシミ、そばかすなどの生成を抑えることかできます。

他にも、乾燥や加齢により、皮膚の表面は傷ついているジョイ態で様々な刺激が敏感になり皮脂も多く分泌されるので、洗顔後の保湿は必ず行うようにしましょう。

乾燥肌対策のできる化粧水は、保湿効果が強いので、肌の状態をよくすることができます。

さて、セラミドは食品からも摂取できます。

例えば、米(米ぬか)、小麦(小麦胚芽)、大豆、こんにゃく芋、牛乳などに多く含まれていると言われています。

この中で、こんゃく芋には、米や小麦より7~16倍もセラミドが多く含まれていると言われています。

他には、黒豆や小豆、ゴボウやワカメ、ヒジキや蕎麦、コーヒーや紅茶、黒コショウなど黒色の食品にはセラミドが多い傾向にあるとも言われています。

黒い食品は、お肌だけでなく体にも良いのでオススメです。

このように、セラミドは、お肌に良いので積極的に摂りたいですよね。

そこでサプリメントを取り入れるのはいかがでしょうか。

◆セラミド入りのサプリメントで人気なのが「インナーパラソル16200」です。
フルーツセラミドの「パインセラ」を含みます。
紫外線対策のニュートロックスサンも含んでいるので日焼け止めサプリとも呼ばれていますよ
インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

さて、スキンケアでセラミドを摂ることももちろんオススメで、体の中と外側と両方から取り入れることで相乗効果が得られます。

セラミドたっぷりの保湿スキンケアで人気がある「ウルウ」は、3種のセラミド2・3・6Ⅱの浸透セラミドをたくさん含むのが保湿しながら美白に導いてくれます。

ウルウはオールインワンなので、ケアがとても簡単です。
ウルウ(ULU)はセラミドのオールインワン美容ミルクなの?

食事、サプリメント、運動、睡眠、ストレス解消、腸内環境を整え、そして外側からの正しいケアで、美白を目指してくださいね。

us

 

タグ : 

ウルウ 比較

この記事に関連する記事一覧