セラミド

セラミドで潤い肌の森

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドの違いとどれが肌には必要?

読了までの目安時間:約 3分

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドの違いとどれが肌には必要?

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドはお肌に良いと言うのは知ってる方も多いと思いますが、それぞれの違いなどは分からなかったりしますよね。

詳しく1つ1つご紹介していきますね。

では、まずはコラーゲンですが、タンパク質の1種で、身体を構成する重要な役割をします。

人間の身体の中の水分は約60%で、タンパク質が約20%、脂肪が約15%で残りがカルシウムなどの無機質で構成されています。

その中のタンパク質の約30%はコラーゲンが占めています。

コラーゲンは身体の中の皮膚に約40%、10~20%が骨や軟骨に存在しています。

また、その他にも内臓や血管にも存在し、身体の基盤となっています。

コラーゲンの役割は細胞同士を結び付け、支え、外との境界線を作ります。

コラーゲンを摂ると肌の水分量の増加と肌の弾力性が向上し、うるおいとハリのある肌状態が得られます。

では、次にヒアルロン酸ですが、細胞同士を結び付けたり、高い保水力でハリのあるみずみずしい肌を維持できます。

ヒアルロン酸は1gで約6リットルもの水を貯え、コラーゲンの周囲を包むようにあります。

また、ヒアルロン酸はお肌だけだなく、卵巣の働きを助け、生理痛を改善する効果があります。 コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドの違いとどれが肌には必要?の続きを読む »»

 

タグ :  

セラミドの効果